八王子 歯医者、くろさわ歯科医院のコンセプト

くろさわ歯科医院ロゴマークくろさわ歯科医院ロゴマーク

お問い合わせ:0120-987-183
くろさわ歯科医院ロゴマークくろさわ歯科医院ロゴマーク
お問い合わせ:0120-987-183
 
 
トップページへトップページへ
当院のコンセプトページへ当院のコンセプトページへ
診療メニューページへ診療メニューページへ
治療例集ページへ治療例集ページへ
スタッフ紹介ページへスタッフ紹介ページへ
院内紹介ページへ院内紹介ページへ
スタッフブログへスタッフブログへ
ネット予約ページへネット予約ページへ

24時間オンライン予約について

HOME | 当院のコンセプト

くろさわ歯科医院7つの診療コンセプト

下線部をクリックすると、その項目まで移動します

1.本当に困っている人を治したい

歯医者は誰にとっても怖くて、嫌なところ。これまでに色々な歯科にかかってはみたものの結果的にあまりうまくいかず、何度も治療のやり直しや、最終的には抜歯に至ってしまった方はたくさんいます。
そういった方の多くは特に歯医者に対しての恐怖心や、不信感が強く、歯を悪くされてしまっています。
当院では、過去の治療の状況やトラウマから振り返り、以下のことを細かく説明いたします。

院長の写真

●なぜそうなってしまったのか
●現在どういった状況なのか
●今後どうすればしっかりと治すことが出来て、歯を長持ちさせることができるのか

当院にいらっしゃる患者様は、歯科にトラウマをもった方が多く、とても不安そうな表情でいらっしゃいます。治療が進むにつれ、皆さん一様に明るい表情に変わっていきます。患者様の笑顔が見られることが、私たちにとって何よりの幸せであり、目的です。

2.診療方針について納得できるまで話し合う

〜患者様とのコミュニケーションを大切にしています〜
ドクターと患者様が話している写真

過去の治療経過、そして現在の患者様の口腔内を細かく説明し、どのような治療が最善で、どうすればしっかりと治るかを説明します。
全身疾患により治療が全く出来ないといった特殊な場合を除いて、基本的にどんなに歯が悪くても、治らないということはありません。
治療計画については、期間、費用、患者様のご希望の治療を考慮し、数パターンご提案いたします。その中から、じっくりと考えていただき、納得していただいてから治療に取り掛かります。
最初の話し合いによる治療計画のすり合わせがとても大事なのですが、あまりそれをされていないクリニックが多い様です。
最初にとことん話し合い、納得していただいた上で治療に取り掛かる。それが当院の特徴です。

3.セカンドオピニオンの奨励

当院にセカンドオピニオンでいらっしゃる患者様は多数おります。相談内容としては、

1、 現在通院している歯科の先生があまり話を聞いてくれない。
  説明をしてくれない。
2、 抜歯と言われたが、本当に抜かないとダメでしょうか?
3、 現在通院している歯科医院で根の治療を3ヶ月近く行っていますが、
  なかなか治りません、本当に治りますか?
4、 現在通っている歯科で高額な治療方針を立てられ困っています。
5、 現在通っている歯科の麻酔や治療が痛くて苦痛です。
6、 なかなか治療が進まなくて困っています。

などです。
不安に思った場合は、本当に納得出来る歯科医院で治療を受けるのがいいと思います。
担当医との相性はとても大事なので、もし悩まれている方は、セカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか?

当院にセカンドオピニオンでいらっしゃる患者様は多数おります。相談内容としては、

1、現在通院している歯科の先生があまり話を聞いてくれない。説明をしてくれない。
2、抜歯と言われたが、本当に抜かないとダメでしょうか?
3、現在通院している歯科医院で根の治療を3ヶ月近く行っていますが、なかなか治りません、本当に治りますか?
4、現在通っている歯科で高額な治療方針を立てられ困っています。
5、現在通っている歯科の麻酔や治療が痛くて苦痛です。
6、なかなか治療が進まなくて困っています。

などです。
不安に思った場合は、本当に納得出来る歯科医院で治療を受けるのがいいと思います。
担当医との相性はとても大事なので、もし悩まれている方は、セカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか?

4.その場しのぎではなく、永くもつ治療を行う

治療している写真

根の治療などは、痛みを感じにくい為、しっかりと治療がなされていなくてもあまり困らないという実態があります。
また、被せ物の精度が低く、あまり土台の歯に合っていなくても患者様自身が違和感や痛みを感じることはまずありません。しかしその精度の低い治療は数年、数十年かけて大きな問題を生みます。

実際に今歯で悩んでいる方のほとんどが 以前に行った治療のやり直しです。
実際に今歯で悩んでいる方のほとんどが
以前に行った治療のやり直しです。

一番大事なことは自分の歯を永く持たせることです。虫歯や歯周病で悪くなってしまった場合は治療をもちろん行わないといけないのですが、どれだけしっかりと治療をするかによって十年単位で持ちが変わってくるということです。

「患者様がわからないからといって絶対に手を抜くな」

私の師匠となる先生がいつも言っていた言葉です。当たり前の事ですが、実際にそうなっていないのが今の歯科業界です。
当たり前のことを当たり前に行い、永く持つ治療を行う。それが当院のコンセプトです。

5.痛みやストレスを最小限に抑える最新技術

歯科治療を行う上で、痛みが嫌だ、という方が一番多いです。
また不安や恐怖、緊張やストレスを抱えている方も多くいらっしゃいます。
当院では痛みやストレスの少ない快適な治療が受けられるように、配慮しております

1、表面麻酔

表面麻酔の写真

注射の麻酔の前に表面麻酔を行います。麻酔薬の染み込んだ綿を歯肉に塗布し、針の刺入点を痺れさせることによって刺入時の痛みを軽減することができます。
また、薬液が入ることによる痛みを避けるために、歯肉頬粘膜という痛みの出づらい場所にまず麻酔し、弱圧で時間を十分にかけて効かせていきます。

2、静脈内鎮静

静脈内鎮静法に使用する機材の写真

歯科治療が不安で恐怖心がある、ストレスが強い方。
静脈内鎮静法は、向精神薬、鎮痛薬を組み合わせて静脈内投与し、治療に対しての不安や恐怖心、緊張を和らげるものです。ほぼ眠った状態で治療が出来るため、リラックスして治療に臨むことが出来ます。

3、笑気ガス

笑気ガスの写真

笑気ガスは亜酸化窒素(N2O)とも言います。
歯科治療の際は、低濃度の笑気と100%酸素を混合したガスを鼻から吸入します。
精神鎮静作用があるため、緊張がほぐれ、リラックスして治療をお受けいただくことができます。

6.最先端の設備を用いた、精密な診査・診断・治療

 
マイクロスコープの写真

三次元CTによりあらゆる角度から虫歯の程度や根管形態はもちろん、骨の内部まで見ることが出来ます。
また歯科用顕微鏡であるマイクロスコープを用いることで、より詳細に、根管内の亀裂や破折、感染物質の残存具合を把握出来ます。また被せ物や詰め物の適合精度が格段に向上します。歯へのダメージは最小限で済みます。
 
多くの歯科医院ではCTやマイクロスコープを導入していないのが現状です。
しかし、歯の形態、口腔内の構造は複雑であり、二次元では分かり得ないことが沢山あります。見落とし、見逃しのない精度の高い診査診断、治療を心がけております。

7.他院で断られたり、うまくいっていないような難症例にも対応

悩んでいる女性の写真
抜歯と診断された歯も、本当に抜歯が必要か?

当院ではマイクロスコープとCTの併用による精度の高い診査診断と治療を行っております。
また難症例を多数経験してきたドクターにより、綿密な治療計画を立てて治療を行います。
他院で抜歯と診断された歯も残してきた実績が多数あります。

残せると言われた歯の治療にずいぶん時間が掛かっているし
痛みが中々引かないが本当に残せるのか?

CTで撮影したレントゲンは、歯の根の部分まで3Dで表現できます。
現在の歯や神経の状態まで把握することができます。
その情報を基に、まずは抜歯が必要かを判断させていただきます。
抜歯が必要なく、歯が残せる可能性がる倍は、マイクロスコープを使用した米国式根管治療を行います。