米国式根管治療|八王子 歯医者

くろさわ歯科医院ロゴマークくろさわ歯科医院ロゴマーク

お問い合わせ:0120-987-183
くろさわ歯科医院ロゴマークくろさわ歯科医院ロゴマーク
お問い合わせ:0120-987-183
 
 
トップページへトップページへ
当院のコンセプトページへ当院のコンセプトページへ
診療メニューページへ診療メニューページへ
治療例集ページへ治療例集ページへ
スタッフ紹介ページへスタッフ紹介ページへ
院内紹介ページへ院内紹介ページへ
スタッフブログへスタッフブログへ
ネット予約ページへネット予約ページへ

24時間オンライン予約について

抜歯が必要な歯を残す可能性がある根管治療

HOME | 米国式根管治療

根管治療とは

歯の神経がある部分を根管(こんかん)といいます。
虫歯が進行して、侵食された神経の治療や、歯の根に溜まった膿を取り除く処置を根管治療といいます。
治療回数は、菌の侵食状態や根管の形態に個人差がありますので、1~6回と様々です。

歯の根の周囲が菌に感染した状態のイラスト

根管治療の成功率

日本の根管治療は、先進諸国と比べ、かなり遅れをとっているのが現状です。
アメリカでは90%以上の成功率が普通ですが、日本では50%以下が平均といわれています。
この違いは、保険制度にあります。
日本で行う根管治療は保険が適用されるため、限られた設備と機材で行うクリニックがほとんどです。時間も15分程度しか取りません。
アメリカでの根管治療は、自費診療が主流なため、最先端の設備と機材を取り揃え、高い成功率で行うことができます。1回あたりの治療時間も1時間とってしっかり行います。
当院では、保険内で行う根管治療と、米国式根管治療の両方を行うことができます。

くろさわ歯科医院が行う米国式根管治療

米国式根管治療とは

歯の形態には個人差があり、根管の形態まで様々です。
さらに、歯の根の中は細くて暗いため、肉眼で見ることは困難です。
くろさわ歯科医院で行っている「米国式根管治療」では、最先端の機器を導入し、根管治療を行います。

米国式根管治療の手順

1.CT撮影・診断
歯科用CTにてレントゲン撮影を行います。
従来のレントゲンと違い、3次元の画像を撮影することができるため、根管の状態や形態まで詳しく調べることができます。

2.ラバーダム防湿
根管治療は、治療中に根の中に唾液や歯垢が入ってしまうと、成功率が下がり、再発を繰り返してしまいます。
そのためラバーダムというゴム製のシートを被せ、金具で治療する歯のみを固定します。
細菌が歯の根の中に入らないよう、湿気を防いだ状態で治療を行います。

ラバーダム防湿のイラスト

3.歯の神経を消毒
菌に感染した歯の神経を残さず取り除きます。
歯の神経の管は、通常前歯と小臼歯で1~2本、大臼歯は1~4本あります。
歯によって、また人によって本数が違います。この神経の管一本一本を丁寧に消毒します。
消毒しきれないと、痛みが残ったり再発する恐れがあるので、マイクロスコープを使用して丁寧に行います。

マイクロスコープの写真
マイクロスコープで約20倍に拡大した歯の写真です。

4.神経の形を整える
歯の神経の管はとても複雑な形をしています。
根の先端に薬を入れやすくするため、専用の器具を使用して形を整えます。

神経の形を整える治療器具の写真

5.薬を隙間なく詰める
ガッタパーチャ(ゴムのような固体の薬)を、隙間ができないよう詰めます。
神経がなくなった歯は菌に再感染しやすくなります。
細菌が入り込む隙間ができないよう、ガッタパーチャを詰め込みます

ガッタパーチャを詰める装置の写真

このガッタパーチャを詰め込むことを、根管充填といいますが、2種類の方法で行います。

側方加圧充填
ガッタパーチャを固体のまま詰め込み、横から圧力をかけて押し詰める方法
 
垂直加圧充填
ガッタパーチャを半固体に溶かし、根の先からフタをするように詰め込む方法

米国式根管治療で使用する機器

歯科用CTの写真
歯科用CT
マイクロスコープの写真
マイクロスコープ
(歯科用顕微鏡)
ラバーダム防湿のイラスト
ラバーダム防湿
歯科根管材料電気加熱注入器の写真
歯科根管材料
電気加熱注入器
汚染歯組織除去器具の写真
汚染歯組織除去器具