ネット予約<

続く虫歯について

こんにちは、歯科医師の井上です。

成人の虫歯について話したいと思います。

歯科検診などで「また虫歯になった!」ということ経験ありませんか。

原因は歯磨きの仕方が悪かったのでしょうか?

 

答えは歯磨きの仕方が悪い可能性もあるかもしれませんが、

大抵は詰め物やセメントの劣化によることが多いです。

 

歯は毎日毎日過酷な仕事をしています。

食事をすることで、酸に侵され、噛む力にも耐え

歯ぎしりや食いしばりがあったりすると、さらに過酷さを増します。

その環境の中で人工の物が劣化することなく、一生維持し続けることは到底無理です。

セメント、詰め物が劣化し放っておくと、外れてきたり、神経に刺激が通りやすくなり、しみたり、痛みます。一度治療をした歯というのは、劣化するたびに治療が必要となるのです。

劣化するスピードは材料や使用できるセメントによって大きく異なってくるので

劣化しにくい物を選んだ方が歯には優しいです。

それが難しいのであれば、定期的にレントゲンを撮ってもらいチェックしていきましょう。