ネット予約<

よく噛むことの効用

皆さん、こんにちは!
歯科衛生士の平間です。

今回は、よく噛むことの効用についてお話したいと思います。
食べ物をよく噛んで食べることが健康に良いことは古くから知られています。
私も幼いころ、祖父に「一口入れたら30回以上噛んでから飲み込みなさい」と言われていました。
よく噛むこと(咀嚼)は、唾液の分泌を促し、食べ物の消化吸収をよくするだけでなく、顔面を構成する骨や筋肉の発育成長を促し、皮膚や血管の細胞を活性化する唾液腺ホルモンの分泌を促進するなど、全身の健康や脳の働きに密接な関係があると言われています。
つまり、食事は栄養素やカロリーだけの問題ではなく、その「組み合わせ」や「食べ方」はもとより、「よく噛んで食べる」ことが大変重要なのです。

よく噛むことの8大効用。
1.肥満防止
2.味覚発達
3.言葉の発音はっきり
4.脳の発達
5.歯の病気予防
6.ガンの予防
7.胃腸快調
8.全力投球

ひみこのはがいーぜ

皆さんも、健康な歯や歯肉を維持して、よく噛んで食べてくださいね。
また、「噛みづらい」「物が詰まる」「しみて噛めない」などございましたら、当院にご相談ください。