ネット予約<

歯と口の健康と健康寿命

皆さんこんにちは、歯科衛生士の平間です。

今回は「歯と口の健康と健康寿命」についてお話させて頂きます。
昨今「健康寿命(健康で日常生活を遅れる期間)」という言葉をよく耳にされると思います。
この健康寿命を伸ばす為に大きく関わりがあると言われているのが、歯と口の健康です。
平成元年に始まった「8020運動(80歳になっても20本の歯を残そう」により、達成してる方は年々増えてきています。
それと同時に健康寿命も伸びてきてます。

8020割合の推移

では何故、歯と口の健康が健康寿命を左右するのでしょうか?
食事の時にしか使わないであろう歯が身体全体の健康寿命を左右することになるのは、歯の健康が食事の内容を左右する為です。

例えば虫歯で歯が痛い時、痛む歯が無い方だけで食べ物を噛んだ覚えがある人は少なくないでしょう。このように歯の健康が充分でない状態だと、食事に支障をきたしやすくなってしまいます。

また、高齢者は総入れ歯にしている人も少なくありませんが、総入れ歯だと顎に掛かる負担が自前の歯がある時よりも大きくなるため、噛む回数が減ってしまいます。

歯が悪くなって充分に噛めなくなると食事量は減り、食べられるものが限られてくるので栄養バランスが偏り、身体の調子を損なってしまうことに繋がってしまいます。このように、歯の健康は健康寿命に密接に関係しているのです。

いつまでもおいしいものを食べ続けるためには日々のお手入れが大事です。
歯を失う2大原因である「虫歯」と「歯周病」は予防が可能です。予防の方法はご自身で行う「セルフケア」と歯科医院等で行う「プロフェッショナルケア」の2つがあります。
これらはどちらも欠けことなく続けていくことで、虫歯や歯周病を予防し、歯と口の健康を保つことにつながります。このプロフェッショナルケアを定期的に受ける場所として「かかりつけ歯科医院」を持っておくことがとても大切です。
当医院の歯科衛生士は口の中をただキレイにするだけでなく、患者様に寄り添い歯と口の健康、全身の健康を考えながらプロフェッショナルケアをさせていただいてます。
是非当医院のプロフェッショナルケアをお受けください。