ネット予約
インプラントのご相談

快適な入れ歯をご提案

義歯(入れ歯)の治療

ご自身にぴったり合った義歯(入れ歯)をご提案します

老夫婦の笑顔の写真

歯が抜けてしまい、ブリッジの適応とならない場合の義歯(入れ歯)治療を行います。
義歯には、保険治療範囲内で行える金属のバネ(クラスプ)が付いたタイプの部分入れ歯や、保険外治療のクラスプが付いていない部分入れ歯など、様々なタイプのものがあります。
患者様のご要望に応じて、ご自身の歯にぴったり合う義歯(入れ歯)をお作りいたしますので、お気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯と自費(保険適用外)の入れ歯には、以下のような違いがあります。
患者様のご予算やご要望に合わせた最適な入れ歯を作製しておりますので、ご不明な点などありましたらお気軽にご相談ください。

保険適用 自費(保険適用外)
人工歯の色
・形の種類
少ない バリエーションが豊富で、
天然歯に近い形状を実現できる
床の種類 少ない 多い
装着時の感覚 違和感を感じる場合がある 違和感がほとんどない
強度 少し劣る 優れている
かみ心地 食事によっては食べにくい物がある より良くかめる
費用 比較的安価。
●総入れ歯の場合
約1万円~約3万円
(1割~3割負担)
●部分入れ歯
約5千円~1万5千円
(1割負担~3割負担)
高値。
●総入れ歯、BPSデンチャー
65万~75万円
●金属床デンチャー
30万~50万円
●ノンクラスプデンチャー
15万円
※別途義歯調整費用
※入れ歯を入れた後
1か月調整無料
それ以降1回3000円

義歯(入れ歯)の調整について

女性が頬を押さえている写真

歯ぐきの形状や残った歯の位置は日々変化します。
それにより、以前作製した入れ歯が合わなくなり、痛みを伴ったり外れやすくなったりします。
少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

当院の義歯(入れ歯)の特徴

歯科技工所を併設

当院では、歯科技工所を併設し、経験豊富な歯科技工士が常駐しております。
歯科用CTで撮影したデータをもとに、より精密で患者様に適合した義歯(入れ歯)を作製しております。

義歯(入れ歯)の種類

入れ歯には、歯が1本も残っていない方に使用する総入れ歯と、抜けた部分を補うための部分入れ歯があります。
ここでは、自費(保険適用外)の総入れ歯と部分入れ歯をご紹介いたします。

総入れ歯-金属床

金属床総入れ歯のイラスト

保険適用の総入れ歯は、すべてプラスチックで作製されています。
金属床は、義歯床(歯を敷き詰める部分)を金属で作製しているため、プラスチックより薄くすることができます。
そのため、装着している時の違和感が少なく、話しやすい入れ歯です。
また、温度を感じやすくなるため、火傷の危険性も軽減されます。

金属床の特徴

メリット
●プラスチックより薄い
●装着している時の違和感が少なく、話しやすい
●火傷の危険性も軽減

デメリット
●値段が高値
●金属アレルギーのある方は使用できない。

部分入れ歯-ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーのイラスト

ノンクラスプデンチャーとは、クラスプ(部分入れ歯を固定するためのバネ)がない入れ歯です。
素材は柔らかく、曲げたりしても割れることはありません。
また、金具のバネを使わないため、装着時の痛みや、周りの歯への悪影響もありません。
色は歯ぐきと同じピンク色なので、装着していても目立ちません。

バネがない入れ歯の写真
※残存歯の状態によっては、適用できない場合がありますが、その際には金属とノンクラスプを混合させて作製を行うことで対応することが可能な場合があります。

ノンクラスプと金属床を併用したケース。これにより幅広い症例に対応可能。

ノンクラスプデンチャーの特徴

メリット

●自然な美しさ
従来の義歯(入れ歯)では、口を開けると金属のバネが見えます。
ノンクラスプデンチャーは、金属のバネがありませんので、大きな口を開けても入れ歯だと判らないほど自然な美しさに仕上がります。口元を気にせず、会話を楽しむ事ができます。

●快適なつけ心地
ノンクラスプデンチャーは薄くて軽い素材でできておりますので、お口の中がすっきりします。
着け心地も良く、違和感も少ないので、食事や会話が楽しめます。

●歯に優しい
金属のバネの義歯(入れ歯)は、残っている健康な歯にバネで固定します。
よって、健康な歯に負担をかけてしまいます。ノンクラスプデンチャーは、そのような事が無く、歯にやさしい義歯(入れ歯)です

●身体に優しい
金属を使用しないケースでは金属アレルギーがある方にも安心してご使用していただくことが可能です。

デメリット
●値段が高値

BPSエステティックデンチャー®

BPSエステティックデンチャー®

BPSとはBiofunctional Prosthetic Systemの略であり生体機能的補綴システムと言います。
これはヨーロッパ発祥の技術であり、世界中の歯科業界で着々と広まっている入れ歯の製作システムとなります。
患者様一人一人のお口の中の状態、すなわち筋肉や顎の形、運動形式、歯ぐきの色に合わせて入れ歯を作製していきます。
作製していく際には、義歯製作専門の歯科技工士と連携を取りながら決められた手順を踏むため、細かい部分での入れ歯の精度を高めていくことが可能です。

BPSエステティックデンチャー®の特徴

メリット
●自然な美しさ
従来の義歯(入れ歯)とは異なり、歯の形態、歯ぐきの形、色の再現性に優れ、入れ歯を入れていると気づかれないような高い審美性があります。口元を気にせず、会話を楽しむ事ができます。

●快適なつけ心地
患者様の顎の関節や筋肉の動きなどの口の機能に合わせて入れ歯を作製していくので、実際にお口の中に入れて会話をした際に違和感が少なく、しゃべりやすいです。

●しっかり噛めて、外れにくい
精密な型取りを行うことでお口の中の状態を模型上に正確に再現することができます。これにより入れ歯製作の精密性が上がり、完成した際に外れにくく、噛むことのできる入れ歯を作製することが可能です。

デメリット
●値段が高値