歯のお掃除のお話です。

こんにちは。くろさわ歯科医院の受付の峯尾です。

今日は、 スケーリングについてお話したいと思います。

スケーリングとは、歯や歯根の表面(根面)からプラーク(歯垢)と歯石除去する歯のお掃除のことです。

歯科医師や歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用の器具を使って、ガリガリと歯から歯石を落とします。

スケーリングがなぜ大切かと言いますと、プラークや歯石を放っておくと歯周病などの病気になってしまうからです。
歯周病は炎症で歯周組織が破壊されていく病気です。炎症の原因は歯周病菌なので治療にあたっては、まず歯周病菌を取り除くことが重要です。
しかし、歯周病菌はプラークとして歯の表面にへばりついていますし、さらに、プラークにミネラルが吸着すると石のように硬い歯石として歯に強固にくっついてしまいます。
スケーリングでそれらのプラークや歯石を取り除くことは歯周病治療の基本であり、予防のためにも大変重要なことなのです。

歯肉縁上歯石は、歯肉縁下歯石に比べるともろく、比較的除去しやすいため、歯石の付着量や歯周病の進行具合によって通院回数は変わりますが
そこまで進行していなければ、超音波を用いた器具を使って1~2回程度の来院で取り除くことができます。
歯肉縁下歯石は、強固に歯面にくっついている上に、緻密に石灰化していてとても固いので、歯肉縁上歯石に比べると除去するのが難しいといわれています。
そのため、通院回数が多くなってしまう場合もあり、また、歯周病がかなり進んでいる方は麻酔が必要なこともあります。

そして、私もそうだったのですが、歯石を除去する際に出血する場合があります。
これは、歯石がついている部分のハグキが炎症を起こしているためなので心配いりません。
炎症を起こしているハグキはハブラシを当てただけでも出血するくらいなので、歯石除去の刺激で出血することはよくあるそうで
歯石を除去することで、ハグキの炎症が改善していくと出血しなくなっていくそうです。

歯石は誰のお口の中にもつきます。特に唾液腺に近い下の前歯の裏側や上の奥歯の頬側につくことが多いので
自分の歯に歯石がついていないか鏡で確認してみてください。
また、奥歯の歯石は自分では気づきにくいものなので、歯医者さんで歯石がついていないかのチェックを受けることも大切です。
歯石は一度除去してもしばらく経つと再形成してしまうので、定期的に歯医者さんで除去することが必要です。

私は、この前初めてスケーリングをしてもらったのですが、自分が思ってた以上にガリガリとたくさん歯石が取れてビックリしました。
終わったあとは歯がザラザラからツルツルになり、とても気分がよかったです。
さらに私は細かい歯石をとったり、着色をとってくれるポリッシングまでしてもらいました。
着色をとって少し白くなるだけで、印象も変わってきますし、歯石をとって歯が綺麗になることによって
この状態をキープしたいと、歯磨きへの関心も高まりました。

スケーリングのあと、衛生士がその人にあった歯磨きの仕方なども、細かく優しく指導してくれますよ。
かかる費用は2000円前後で、だいたい30分くらいで終わります。

歯医者さんは、虫歯を治すところと思いがちですが、お掃除だけでもお気軽に足を運んで下さいね。

くろさわ歯科医院 峯尾

099