ネット予約<

歯みがきはいつが効果的?

こんにちは。衛生士の笹井です。

新年が明けて、そろそろ1ヶ月が経ちますね。 皆様、寒い日や少し暖かい日もありますが、お互い体調管理には気を付けていきましょう。

今年も宜しくお願い致します。

さて本題…

みなさんは歯みがきをどのタイミングで行っていますか?
朝起きた後、食後、夜寝る直前など様々かと思います。
そもそも、歯みがきが必要な理由ってなんなのでしょうか。そこから考えてみましょう。
食後に歯を磨いたときと、磨かなかったときのお口の中の様子は
それぞれこんな感じになっています。

食後、歯みがきをした場合
食事をする

数分後、普段中性に保たれているお口の中が酸性に近づく

酸により、歯のエナメル質が溶け出す

唾液に含まれるミネラルにより30分ほどでエナメル質が修復される

歯を磨く

お口の中が中性に保たれる

そして…
食後、歯みがきをしないで放置した場合
食事をする

数分後、普段中性に保たれているお口の中が酸性に近づく

酸により、歯のエナメル質が溶け出す

残った食べかすが24時間ほどでプラーク(歯垢)を作る

プラークが酸を出して歯をさらに酸性にする

エナメル質の修復が追いつかなくなる

プラークが毒素をだし、虫歯や、歯周病を引き起こす

このように、
『歯みがきをする=食べかすを取り、エナメル質を修復させる周期を保つ』ことが、
虫歯や歯周病を防ぐ役割を果たしています‼︎
もっとも食べかすが詰まりやすい「歯と歯の間」の掃除まで
きちんと行うことがポイントとなりますので、ハブラシだけでなく、
歯間ブラシやデンタルフロスなどを使って、
食べかすを残さない歯みがき習慣を身に付けることが大切です。

では、歯みがきをするタイミングですが、私は
お酢の入ってるものや柑橘系の果物など、酸性の強いものを飲食した場合のことも考えると、
じっくりエナメル質の修復を待って、食後30分くらいに磨くようにしています。
エナメル質が修復されない状態で、力(歯みがきによる力、噛む力、歯ぎしりなど)を加えると、もろくなっているエナメル質がさらに溶けてしまうため、
エナメル質が修復されたときがいいタイミングです。

ということでエナメル質が修復され、
中性に戻る食後30分ほどのタイミングで磨くことが効果的であると考えていますが、
一番大切なのは「歯と歯の間の食べかすを取り除く」ことなので
時間がないときには、「待つ」よりも「歯を磨く」ことを優先しています。

時間が取れる休日などで、少し試されてはいかがでしょうか。