虫歯の予防にキシリトール!

こんにちは!衛生士の星野です。
最近寒くなってきたので体調を崩さないようにお気をつけ下さい。

最近やっぱりキシリトールって凄いなぁっと思ったので、キシリトールについてお話ししたいと思います。

まず、キシリトールって何なのかご存知ですか?
シラカバやカシなどの樹木から採れる天然の甘味料であり、ショ糖(砂糖の主成分)とほぼ同じ甘さがあります。
(普段食べてる野菜や果物にも含まれている身近な素材です。)

それなのに!!
虫歯の原因となるミュータンス菌は、キシリトールからは歯を溶かす「酸」を全くつくれません!
そして、プラークの歯への付着力も弱らせるので、歯磨きを楽にしてくれます。
虫歯をつくる力の強い悪玉ミュータンス菌を減らすので、虫歯になりにくいお口へなります。

歯の表面に着くプラーク(歯垢)は、ミュータンス菌の住処。
キシリトールをとり続けることで、1年後にはミュータンス菌の数が”半分以下”に!
さらに、2年後には”4分の1″までに減少します。

キシリトールを妊娠6ヶ月のお母さんが13ヶ月食べた研究で、生後1歳時点でお口にミュータンス菌がいた子供は、食べていないお母さんの子供と比べて”4分の1以下”。

永久歯が生える1~2年前からキシリトールをとると、その永久歯の虫歯のリスクは93%減少!!

え~~!凄いですよね(^o^)!

★キシリトール製品を選ぶポイント★

①キシリトールの含有量が多いもの
「甘味料として~% キシリトール使用」の表示がある場合、100%に近い数字であればあるほど効果的!

②ショ糖(砂糖)が含まれていないもの
ショ糖が含まれていると、キシリトールの効果が発揮されなくなるので選ぶ時に確認を!

③クエン酸などの「酸」が入っていないもの
柑橘類などの香料が多量に含まれる場合も要注意。

★効果的なとり方★
毎日、食後や間食の後など回数を多くとると効果的。
1日5~10g目安。
甘味料としてキシリトール100%入りのガムなら、例えば食後に1日3回3粒ずつがおすすめ♪

まれにお腹がゆるくなる人もいます。
これは食物繊維のように消化されにくいためです。
少量から始めれば、身体が慣れていくので心配はいりません。

「キシリトールって奥深い~っ」て思って頂けたでしょうか^^

CMなどでもよく聞く名前ですが、今後購入の際はちょっと気にしてキシリトールを選んでみて下さい!
甘味料が100%キシリトールの物なら歯磨きの後でも食べられますよ!

※虫歯予防は毎日の歯磨きでプラークを取り除くことが基本になります。
虫歯予防の味方として効果的にキシリトールの摂取がおすすめです。