ネット予約
インプラントのご相談

インプラントとは

インプラントの構造

インプラントの写真

インプラントは、アゴの骨に埋め込まれるチタン製の人工歯根(「インプラント体」ともいいます)と、その上部に接続する義歯(「上部構造」ともいいます)、そして人工歯根と義歯を接続するアバットメントというパーツから構成されます。

 現在一般的に用いられている人工歯根は、スクリュー型といってネジのような形状をしており、アゴの骨と有機的に結合して身体の一部となります。人工歯根の上に装着される義歯には、金属、セラミック、メタルボンド、ジルコニアなど様々な素材のものがあり、それぞれに費用や特性が異なります。実際にインプラント治療を受ける際には、ご自身の健康状態や予算を鑑み、どのタイプの義歯を使用するか事前に詳しく説明させていただきます。

インプラントが骨と結合する仕組み

インプラントの人工歯根は、単に骨に穴を開けてはめ込んでいるだけではありません。人工歯根に用いられているチタンは生体親和性の高い金属であり、人の身体に入っても異物だと認識されず、骨の自然な成長・回復に伴って骨と癒着し一体化していく性質を持っています。インプラント治療はこの性質を活かしたものであり、埋め込まれた人工歯根は骨に取り込まれて完全に人体の一部になるのです。
このため、インプラントは入れ歯や差し歯などの治療法と異なり、義歯がぐらついて噛む力が弱くなるということはありません。天然の歯と同様の噛み心地を実現できるのが、インプラント治療の最大の利点の一つです。

インプラントの歴史

ブローネマルク教授
ブローネマルク教授

アゴの骨に人工物を埋め込む施術自体は紀元前からありましたが、いずれも義歯の固定が弱く、長期の使用には耐えないものでした。
現在のインプラント治療の始まりは、今から60年あまり前、1952年にスウェーデンのブローネマルク教授がチタンと骨の結合現象を発見したことに端を発します。それまでの治療法と異なり、骨と癒着して人体の一部となるチタンの使用は画期的な方法として注目されました。多くの基礎研究を経て、1965年にはチタン製インプラントの臨床応用が始まりました。
1980年代に入る頃にはインプラント治療の実効性が世界に広まり、インプラントは入れ歯や差し歯に代わる代表的な治療法としての地位を徐々に確立してきたのです。

インプラント治療の注意点

インプラント治療を受けた後は、ご自宅でのこまめなホームケアが必要不可欠です。特に注意するべきは歯周病対策です。インプラントは、人工歯根や義歯の耐久性は非常に高いですが、歯周病で歯肉そのものが弱ってしまうと使い物にならなくなるのです。ホームケアを怠っていると、歯周病菌がインプラントの周りに発生し、「インプラント周囲炎」という恐ろしい病気を引き起こすこともあります。
定期的に歯科医院に通うことはもちろん大切ですが、口腔内ケアは全てを歯科医院任せにするのではなく、自宅での日頃のホームケアを常に心がけてください。通常の歯磨きに加え、歯間ブラシやデンタルフロスなどのケア用品を用いて、歯の間に詰まった歯垢を丁寧に取り除くことが重要です。
また、喫煙はインプラントの大敵です。喫煙習慣のある方がインプラント手術を受けた場合、喫煙による毛細血管の収縮によって傷の治りが遅くなったり、人工歯根と骨の結合が妨害されることがあります。さらに、喫煙は免疫力の低下を招くため、インプラント治療の終了後も歯周病の罹患リスクが高くなってしまいます。愛煙家の方がインプラント治療を受けることを検討されている場合、これを機にきっぱりと禁煙する必要があるかもしれません。

インプラントと他の治療との違い

  入れ歯 ブリッジ インプラント
手術の有無 必要なし 必要なし 必要あり
噛む力 種類により異なる 自分の歯の約60%
(個人差あり)
自分の歯の約80%
(個人差あり)
お手入れ 取り外せるので、
簡単にできる
固定されているので、
通院が必要な場合あり
固定されているので、
通院が必要な場合あり
違和感 感じる場合あり 少ない 少ない
費用 比較的安価
(保険適用の場合)
比較的安価
(保険適用の場合)
高価
(保険適用外)
  • tel.0120-987-183
    ADRESS:〒192-0083 東京都八王子市旭町1-4 八王子交通ビル3F
         Tel:042-646-2332
    ACCESS:JR八王子駅 徒歩1分 京王線京王八王子駅 徒歩5分
    • 診療時間 | 月〜土 9:30〜13:00 / 14:30〜19:00
      休診日  | 日曜・祝日
      ※最終初診受付は18:30